いつでも此処に起こりうる危険な誘惑

「焼き魚」について、どう思う?「カクテル」って、一般的にはどのように思われているんだろう。別に真剣に考えるってことも無いよ。
HOME

蒸し暑い土曜の昼は目を閉じて

今日この頃、長編小説を読み進めるのはわずかになったが、3年ほど前に北方版水滸伝に夢中になっていた。
違う作者の水滸伝を見た時は、おもしろく感じることがなく、魅了されなかったが、水滸伝の北方版を読みとおしたときは、ひきつけられて、読み進めるのが止まらなかった。
会社の仕事の昼休みや帰ってからの夕食中、湯船の中でも読みあさって、1日一冊ずつ読みあさっていた。
キャラクターが人間くさく、男気熱い人物がものすごく多く、そんなところに心を奪われていた。

余裕で大声を出す妹と濡れたTシャツ
自分の子供とのコミュニケーションをとればとるほど、ひとり娘は大変なついてくれる。
生まれてすぐは、会社の業務がものすごくヤバく、見ることが珍しかったため、まれにふれあっても慣れてくれなかった。
実の親でありながらとやるせない胸中だったが、会社の仕事がヤバいからと絶望せずに、頻繁に、休日に散歩に連れていくらようにした、抱っこしても、お風呂に入れても泣かれないようになった。
ここ最近、仕事で家を出る時、私が居なくなることが悲しくて泣いてくれるのが幸せだ。

無我夢中で体操する子供と濡れたTシャツ

いつも、なるべく大人しめのファッションが好きな私は、大変ビックリされるけど。
コルセットやコスメや時計まで揃い、ラインで身につけたいと考えれば破産しそうだ。
それでも、jillは夢中になってしまう何かがある。

怒ってお喋りする彼女と横殴りの雪
今日この頃は、海に釣りにおもむいていない。
日々の仕事ですごく過密スケジュール行けないというのもあるが、しかし、とっても日差しが強いから、釣りに行きにくいのもある。
それに、仕事終わりに近くの堤防を眺めてもがんがん釣れている様子が全然ないから、すぐに出かけたいとは思わない。
大変うんとあがっていたらすぐにでも行きたくなる。

薄暗い土曜の深夜は焼酎を

見入ってしまうくらい綺麗な人に出会ったことがありますか?
実は一度ありました。
バスの中で20代前半くらいの方。
女性の自分ですが、ドキドキしてしまいました。
どれくらい手入れをしているか、という本人の努力もあると思います。
しかし、それ以外で醸し出すオーラはおそらくありますよね。
日本には素敵な人がたくさんいらっしゃるんだなーと思いました。

気どりながら吠えるあの人と電子レンジ
好きなアーティストはいっぱい居るけど、この頃は外国の音楽ばかり流していた。
しかし、邦楽のミュージシャンの中で、好みなのがCHARAだ。
CHARAは多数の楽曲を世に送り出している。
代表的なのは、FAMILY、世界、罪深く愛してよなど。
日本にはたくさんのアーティストが知られているが彼女は周りに強い個性がぴかっと光っている。
日本には、海外進出して仕事をするミュージシャンもたくさんいるが、チャラも人気が出るような気がする。
「あたしなんで抱きしめたいんだろう?」「あたしを無人島に持って行って」
こう言った題名が考え出されることに尊敬を覚える。
多くの作品の作詞作曲も行っていて私の意見としては感性豊かでカリスマな才能がある存在だ。
judy and maryのユキとコラボレーションして出した、「愛の火、3つ、オレンジ」も、印象深い。
2人とも可愛かったから。
誰だって一度、思う、思われたい感覚の事を、工夫して短文で表しているから。
キャッチフレーズのコンテストなんかに参加してほしい。

騒がしく踊る君と月夜

人によって、物の趣味や好みがあると思うが、それらを聞くのが好き。
友人に聞いてみたところ、お金、スベスベの洋服、母の事が好きで仕方ないとの事。
プラス、男性の血管の見える手。
最後に、スペイン語の響き。
自分にはわからない。
りんごアメ、肌に直接ニット、軽い香水、ハイトーンヴォイスな女性が好きだと、伝えた。
同じように意味不明だと言われた。
まさにこれは、フェチという言葉がぴったりだという。

月が見える日曜の深夜にカクテルを
さやかちゃんはルックスはのんびり屋に見られるらしいけど、かなりアクティブな女性。
夫と、1歳になる賢治くんと、3人でエスニック料理店の向かいのアパートに住んでいる。
仕事も子育ても男の子行い、かなり忙しいけれど、時間の使い方は得意。
少しでも時間があれば、今日暇?と絶対メールをくれる。
私はよくホットケーキを持って、彼女のうちにお呼ばれする。

薄暗い日曜の夜に焼酎を

午前0時を過ぎて、寝付けないときに、新作映画をなんとなく見る。
昨日の夜観賞した映画は、「エスター」という米作品だった。
ヒロインの、エスターは、ブライトだけれど少々個性的な9歳の子供。
最後には衝撃の結末が見れる。
それを見る経過で、結末が予想できる人がいるのか疑問なほど想像もできない真実。
結果は、ドキッとさせるわけでもなく、ただただジトーッとような結末だった。
DVDは、いつでも私の夜の時間を楽しませてくれる。
深夜の映画はだいたいジントニックなんかの甘いお酒もお供しているので、体重が増えてしまうのが恐ろしい。

雹が降った火曜の明け方はビールを
出身県が違うと食生活が変わることを二人で生活しだしてからめちゃめちゃ認識することになった。
ミックスジュース飲む?と家内からある時言われ、スーパーででも買っていたのかなと思ったら、ミキサーで作ることが一般的みたいだ。
缶詰のモモやら他とアイスをミキサーに入れて、市販の牛乳を入れて家庭用のミキサーでシェイクして終わりだ。
家でごくごくと飲んだのは初めてだけれど、めっちゃ好きだった。
好きだったし、はまって、自分でもやっている。

ラクダ

Copyright (C) 2015 いつでも此処に起こりうる危険な誘惑 All Rights Reserved.