いつでも此処に起こりうる危険な誘惑

たとえば、地球に初めて来た宇宙人に「無知」のことを説明するとしたら、どうやって言う?「ピエロ」の成り立ちとか、いや、そもそもこの世界のことから説明始めるのかもしれない。
HOME

ゆったりと熱弁するあいつと履きつぶした靴

私は以前から、肌が全然強くなく、ちょっとしたことでかぶれてしまう。
それもあるし、ボディーシャワーの素肌に残る使い心地が気に入らない。
しかし、寒い季節はかなりぱりぱりになるので、添加物の少ないスキンローションを使用している。
これらの商品の驚くべき点は、価格設定がものすごく高いので、買うのをやめようかと思わせるところ。

気どりながら走る先生と壊れた自動販売機
午前中、時間に余裕が出来たので、CDショップに来店した。
新規でmp3playerに入れるミュージックを探すため。
ここ最近、持ち歩いて聞いたのが西野カナ。
常に聞いているのは洋楽。
アメリカ人以外の作品も魅力的だと思っている。
そう思い立って、今回レンタルしたのはボンボンフレンチだ。
甘いボイスとフランス語がカッコイイと思う。

気どりながら跳ねるあの子と冷たい雨

知佳子はAさんが大好きなようだ。
Aさんも知佳子の事を大切にしている。
Aさんが出張の時は、知佳子も連れて行ってもらっているし、今回は私も一晩だけ同伴させてもらった。
Aさんも知佳子も私の事を同じ呼び方で呼びかけるし、どこのお店に入ろうか、とか、一番に、私に問いかけてくれる。
なぜか気にかけてくれている感じがしてかなり空気が良いと思った。

ひんやりした仏滅の夕方にゆっくりと
理由があって必要な青竹を大量にちょうだいするようになって、助かっているのだが、しかし、モウソウダケが邪魔で積極的に持っていってほしい土地管理者は、私が仕事で使いたい量以上に大きい竹を持って運び帰らせようとしてくるので大変だ。
うじゃうじゃ運んで帰っても捨てることになるのだが、モウソウダケが困ってしょうがないらしく、運んで帰ってくれと強く請われる。
こちらサイドもいるものをタダでもらっているので、強く言われたらしょうがないので、あまりは処分するしかない。

ゆったりとダンスするあなたとオレ

なにかしら贈り物を考えなくてはと考えている。
結婚記念日が近くて、妻に良いプレゼントを渡したいのだけれども、しかしとっても良い案がうかばない。
家内に何か欲しい物があるのならばいいのだが、たいして、物欲が存在しないので、欲しい物が思いうかばない。
だけど、しかし、ばれないようになんか考えて驚かせて喜ばせたい。

余裕で吠える妹と冷めた夕飯
釣り仲間が近頃フカセ釣りにいつもの場所に行ったらしいが、長時間やっても何匹かしか釣れなかったらしい。
アジゴがたくさんで、チヌ釣りが難しかったらしい。
けれども大物のの40cm近くがあげれたらしいから、いいなと思う。
前にもらって新鮮なうちに口に入れたがとても脂がのっていておいしかった。
そんなのがいいのがきてると聞いたら楽しみでしょうがないが、すぐには行けないので今度だ。

雲の無い月曜の日没にゆっくりと

今日の体育の授業はポートボールだった。
少年は、球技が苦手なので、仏頂面で運動着を着ていた。
おそらく今日は、球技の得意なケンイチ君が活躍するはずだ。
今日はおそらく、運動は何でもこなすケンイチ君の活躍が目だつはずだ。
だとしたら、少年が恋しているフーコちゃんは、ケンイチ君を見つめることになるのだろう。
少年は空を仰いで体操帽子をかぶると、運動場へ小走りで出て行った。
でもフーコちゃんは、ケンイチ君じゃなく、少年のことを何度もチラチラ見ていたことを、少年は気がつかなかった。

天気の良い平日の明け方は散歩を
新人の頃、無知なこともあって、ちょっとしたトラブルを起こしてしまった。
罪の意識を感じることはないと話してくれたお客さんたちに、感じの良い訂正の方法も思いつかず、涙が出てきた。
お客さんの一人が、高そうなコーヒーをプレゼントと言いながらくれた。
間違って2個注文しちゃったんだよね、と言いながら全く違う飲み物を手に2つ。
長身で、細くてとても穏やかな顔つきをした良いお客さん。
嬉しかったな、と思い返す。

じめじめした平日の深夜にお菓子作り

前に凄く肥満体型だった時期に、毎回欠かさなかったのがシュガートーストだ。
酷い時は、ディナーの終わりに2枚くらい食べていた時期もあった。
最悪なことに並行して、フライドポテトにはまってしまい、巨大化の世界へまっしぐらだった私。
試した痩身法が無理のあるものばかりだ。
一つは、スープのみの食生活。
これは2週間程おんなじスープのみの食事だ。
仕事先にも水筒に作って持って行ったという徹底さ。
次が枝豆を夕飯に置き換えるというダイエット。
どれも、今では無謀。
その後、3年ほどで生活習慣を変えると、するすると元通りに。
とにかくコツコツとするのがベスト。

どんよりした祝日の夕暮れに読書を
一時期、体の調子が良くない上に、栄養バランスの悪い食事と、眠りの内容が悪かったので、吹き出物が多かった。
このままではマズいと思い立って、生活リズムを健康的にし、体に役立つ事をやってみようと周りの意見を聞いた。
すると崇拝されていたのが、アセロラドリンクだ。
しばらくたった今でも毎晩飲むことにしている。
あのレモンよりもCが多く含まれていると言う話だった。
ヘルシーと美しさはやはり果物から出来るのかもしれない。

ラクダ

Copyright (C) 2015 いつでも此処に起こりうる危険な誘惑 All Rights Reserved.