いつでも此処に起こりうる危険な誘惑

日々の生活の中で、「美容師」のポジションってなんだろう。無関係と言えるだろうか。「手品師」は、アナタにとって何なんだろう。
HOME

曇っている木曜の深夜はカクテルを

歌舞伎町のクラブの女性を見ると、すごいなーと思う。
というのは、磨き上げた見た目、会話の技術、努力を惜しまないところ。
客に完璧に勘違いをさせないで、仕事だと分かってもらいながら、また店に来てもらう。
そして、もしかするとこのお姉さん、俺に惚れているのかな?と気にしてもらう。
バランスのとり方が、どの職業よりも、絶妙だ。
それは置いといて、私は人気のホステスさんたちの月給が凄く知りたい。

寒い休日の明け方にこっそりと
最近、お腹周りの脂肪を筋肉にと思い筋トレをしている。
小さな娘を自らのお腹にのせて回数を声を出し数えながら筋トレをしたら、子供との遊びにもなるし、わが子も数を暗記するし、自分のぜい肉も落ちるし、一石二鳥だと思っていたけれど、最初は、楽しんでいた子供もだれたのか、しなくなってしまった。

泣きながら叫ぶ彼女と濡れたTシャツ

憧れのモスクワに、絶対行けたらいいなという目標がある。
英語の勉強に飽き飽きした時、ロシアの言語をかじってみようかと検討したことがある。
結局、立ち読みしたロシア語の会話中心の参考書をみて一日で辞めることにした。
とにかく活用が生半可ではないほど複雑だったのと、私ができない巻き舌。
旅行としてグルジアワインとオリビエを楽しみに向かいたいと思う。

曇っている月曜の夜明けに昔を懐かしむ
そんなには、ドラマは見ないほうだけど、最近、それでも、生きていくを毎週視聴している。
犯人側の親兄弟と殺された側の両親と兄達が出会ってという流れで、常識的にいってありえない内容だと思う。
殺された側の親兄弟と加害者の家族のどちらの家族も不幸にあっている内容が出されている。
流れの雰囲気は非常に暗いと思うけれど、しかし、映像はきれいなようにされている。
花や緑や自然の映像がたいそう多くて、牧歌的できれいな映像がすごく多く使われている。
このあと、流れがどうなっていくのか想像がつかないけれど、少しでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

喜んで自転車をこぐあなたと冷たい雨

新聞の記事に、日本女性の眉の移り変わりをテーマにした、興味深い記事が書き留められていた。
真相を知ると、次第に色香まで感じられるので不思議だ。
一見すると、奇抜すぎるように見えるが、江戸の頃は結婚している女性の証だという。
意味を知ると、急に色香まで感じられるので不思議だ。

騒がしく走るあなたと公園の噴水
盆が近くなって、とうろう流しなどの催し物が付近で実施されている。
近所の観光施設では、竹やすだれで作り上げられたとうろうが飾られていた。
付近の観光施設では、夜更けには電気のライトはついてなくて、キャンドルの明かりだけというのは、非常に良かった。
竹や和紙の中で明かりが輝いていて、きめ細かい灯りになっていた。
きめ細かい灯りが付近の樹々を照らしていてたいそうきれいだった。

騒がしく口笛を吹く母さんと履きつぶした靴

そしてお客様は、ほぼ日本人観光客という様子だったのでその不思議な光景にもびっくりした。
店の中のお客さんは、ほぼ日本人だという様子だったのでその光景にびっくりした。
なんでも、韓国の美容液などは肌に良い成分が豊富に含まれているらしい。
もちろん、美容グッズにも興味はあったけれど、店員さんの日本語にも凄いと思った。
少しだけなのかもしれないが、日本語が堪能。
私たちは、過去に勉強した英語を使用できると思って向かった韓国だったが、必要ないようだった。
必要に駆られれば、努力すれば外国語を話せるようになるという事を知らされた旅行だった。

暑い木曜の晩に昔を懐かしむ
鹿児島の少しお歳の女性は、連日、弔花を墓になさっているから、なので、花がたくさん必要で、花の生産農家も多数いる。
晩に、原付で走行していると、電照菊の灯火が頻繁に晩に、原付で走行していると、電照菊の灯火が頻繁に視認できる。
建物の電灯はものすごく少ない地方なのに、しかし、電照菊光はさいさい目につく。
電照菊ライトはちょくちょく目に触れても人の往来は大変少なく街灯の照明も大変ほんの少しで、危ないので、高校生など、JRの駅まで送ってもらっている子ばかりだ。

息絶え絶えで跳ねる彼女と冷たい肉まん

恐ろしいと感じるものはたくさんあるけれど、大海原が怖くて仕方ない。
しかも、タヒチやハワイなんかの淡い水色の海ではない。
もっと上を行くのが、日本海などの濃い海だ。
つい、どこを見ても海、なんて状態を想像して怖くなってしまう。
気分だけ味わってみたかったら、オープンウォーターというシネマが一番。
ダイビングで海に取り残された夫婦の、トークのみで繰り広げられる。
とりあえず、私にとって怖い内容だ。
もしかすれば起こり得る事なので、臨場感はたっぷり伝わると思う。

天気の良い仏滅の深夜に座ったままで
甘いおやつがめちゃめちゃ好みで、バウンドケーキやようかんなどを自分でつくるけれど、娘が大きくなって作るお菓子が制限されてきた。
私たちがすごく喜んで口にしていたら、娘がいっしょに口にしたがることは当然なので娘も食べてもいいおやつを私がつくる。
自分は、激甘なケーキがとっても好きなのだけれど、娘にはチョコ系のスイーツなどはまだ食べさせたくないのでつくれない。
ニンジンやリンゴをいれたバウンドケーキが栄養的にもいいので、砂糖を少なくして入れる。
笑った顔でおいしいと言ってくれたら、ものすごくつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
最近、ホームベーカリーも使ってつくったりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

ドラッグストアの薬剤師求人
薬剤師の転職・求人情報、就職したいと思っているなら、どのように調べたらいいのでしょう?ネット上の求人・転職検索サービスを活用してみませんか?
ラクダ

Copyright (C) 2015 いつでも此処に起こりうる危険な誘惑 All Rights Reserved.